<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

さぁ~て1日!

新たな1日が始まりました!


と同時に5月が今日で終わりましたね・・・



今日もガルデン今立は大盛況のようですね☆立派なお野菜を抱えたお客さんが帰って行くのが事務所から見えます。


暇が空いたら買いに行ってみようかなぁ。



今日からちょいちょい出かけようと思います。農家さんのところなど回ってみようと思います☆


どうなるかわからないけど人と人とのつながりでなっている事業ですから私も体当たりでいかなければ!!



それでは行ってまいります!!
by gt-imadate | 2011-05-31 09:06 | つぶやき

メダカすくい隊出動!!

台風が近づいてますね・・。


雨が心配でした・・・。


しかし!


降らなかったのです「雨」が☆☆


きっと集まった子供たちの元気良さが天に届いたんでしょうね♪

e0061225_13512941.jpg


さて、何をしてきたかというとホームページにも告知をしていた「めだかすくい隊」に参加をしてきたのです。
私がプライベートで(最近は仕事なのかプライベートなのか分からなくなってますが・・・)参加している「あぜみち」の代表と副代表も一緒にこのイベントにいってきました。


めだかがどこにいるかというと「田んぼ」にいるんです!
e0061225_13521672.jpg


なので子供たちと一緒に田んぼの中にじゃぶじゃぶと入りました。

田んぼの中ってぬるっとしていて気持ちいですね☆土の匂いもなんだか癒されます。
↑農家さんにとってはあたりまえのことなんですけどね。(素人の感想です。。。)


網を持ちながら田んぼの中に入るんですが・・・みんなが歩けば泥が巻き上がって水が濁りますよね??まさに全面それなんです・・・・。。。見えない。。

しかし!


よくよく見ているとメダカは水面を泳ぐので見えるんです☆網があれば簡単に・・・。


というわけにはいきません!!


メダカ←早い(ホームグラウンド)  VS  私たち←田んぼに足をとられ動きにくい(アウェー)

ということで連係プレイが必要なわけです☆片方が追い込んで、もう片方が待ち構えて捕獲!
(小さいメダカ相手に大人2人がかりなんですがねw)


コツをつかめば一人でも簡単♪
e0061225_13533249.jpg


そうそう!白山の稲葉さんもいましたよ☆
e0061225_1354233.jpg


めだかすくいのあとにみんなでやった田植え体験を丁寧に指導してくださいました☆☆

e0061225_13543821.jpg

みんなで足を洗って。。。終わりました☆


大きく穂が実るといいなぁ☆
by gt-imadate | 2011-05-28 13:55 | 各地イベント

HP更新しました。

少しずつ整備しているHP・・・。

藤木さんのところで受け入れているワークステイのプログラムを更新しました。

内容は・・・

6月~10月   大豆の播種作業~土寄せ、草とり作業~大豆刈取り、脱粒作業
7月~8月    獣害対策作業
7月、10月    里山の下草刈り作業
7月~8月    里山の掃除作業
e0061225_1139558.jpg

e0061225_1140549.jpg

e0061225_11404629.jpg

e0061225_11412024.jpg




です。農家さんのお手伝いにチャレンジしたいワークステイに興味のある方は是非!ロハス越前へお問い合わせください。

ワークステイは2泊3日(2日分の作業が可能な方)を希望しています。

まずはお問い合わせください。→ホームページ
by gt-imadate | 2011-05-27 11:41 | お知らせ

ロハス越前のプログラムをまとめてみよう!

ロハスには様々な体験プログラムがありますが、更新されないものやもう行われていないものなど実情に合っていません・・・。

これではHPを見た人にうまく伝わらないですよね。


これから少しずつ整理していきます☆そして夏のエンジョイプランを是非ロハス越前にお任せくださいね♪
by gt-imadate | 2011-05-26 13:23 | つぶやき

平沢さんのとこへワークステイ

今日は平沢さんのところへワークステイの方が来られました。

来られた方は長田さん
e0061225_16451562.jpg

大阪からお越しだそうで・・・。


遠くから見ていた時に最初は平沢さんのお父さんと見分けがつかないくらい動きが慣れておられて・・・。地元の農家さんなのではないかと思いましたが、関西弁でしゃべってらしたのでわかりました☆笑顔の素敵な元気な方です☆

そういえば苗床は苗床専用のビニールハウスの中で育てるようです。均した地面にビニールを敷いて
そこに苗を並べます。地面が均一なのでそこに水を溜めても水が均等に行き渡るのだとか☆農家さんの知恵ですね!
e0061225_16522410.jpg


e0061225_16513174.jpg


カエルもいました。

言い忘れましたが、テルさんと一緒に自転車でお出かけをしようということで出かけたわけなんです。その後で大豆の教育ファームのことで渡辺さんにお会いしなくてはいけなかったので「そのまま行こうか」ということになり、小さい折りたたみ自転車に乗って谷を回って渡辺さん探しが始まりました。
e0061225_16575182.jpg

当然、坂道ばかりで・・・やっと見つけた渡辺さん。


昨年はイノシシやシカに大豆が荒らされてしまったので今年はなんとか対策をしましょうと誓いました。私も頑張ります!!

そして最後に渡辺さんが農園のほうに「サクランボがなっているから食べておいで」というのでお言葉に甘えてさらに赤谷を上がり、サクランボをいただきました。

e0061225_1715111.jpg


その時!


バサバサァー!!!




っと鳥が農園のネットの中に入っていて出られなさそうだったのでテルさんと棒を持って追い回しながら苦労して出してあげました。


追い回してごめんね・・・鳥さん・・・。元気で長生きしてね。。。。



その後、赤谷から事務所までが下りだけど長い…まぁ疲れましたわ・・・。
by gt-imadate | 2011-05-25 17:07 | ワークステイ

味真野茶もみ唄

22日に味真野の万葉菊花園と味真野茶もみ唄保存会が主催して味真野茶の茶摘み・茶もみ体験と味真野茶の正しい入れ方講座が開催されました。


当日はあいにくの雨…。   で、皆さんカッパや傘を差しながら万葉菊花園のほうへ集まったんですが、



なんと!


定員40名ほどの募集に対して50名近く集まっていたそうです!!すごい人気ですね☆




私はなぜか茶摘み会場に他の方を載せていくことになりましたが、地元ならではですね(笑)
ちなみにその方たちは福井市と鯖江市から参加されてました☆



茶摘み体験は城福寺にあるお茶園で行われました。その様子は写メをfacebookに載せておきましたんで見てください。


1時間くらい茶摘みをした後に、味真野苑にある谷口家に移動して茶もみが始まりました。

茶摘みから茶もみの工程までには蒸す・粗熱をとる(乾燥)と2つの工程が必要ですが今回は農家さんや味真野茶もみ唄保存会の皆さんの協力で事前に準備がされていました★


茶もみは「ほいろ」と呼ばれる下から炭で熱を加えながら作業できる机のような台の上でやりました。この「ほいろ」は味真野茶もみ唄保存会の皆さんの手作りなんだそうです☆すごいですよね!!

また、この「ほいろ」炭の温度があがってくると結構熱いんです・・・。


そして谷口家のあふれんばかりの人が入り、代わる代わる茶もみを行ったんですが、3つ用意されたほいろを囲みながら1時間以上ひたすらお茶の葉をもみ続けるのです。


地味です・・・・。ですが、ちゃんと揉まないといい風味もしませんし、ちゃんと均一に乾燥しません。


地味で、腰が痛くなる熟練した技術の必要な作業です。


   ※今回は地元で技術を伝承されている方が指導をしてくれました。

作業に没頭していると茶もみ唄保存会の皆さんが「味真野茶もみ唄」を唄ってくださり会場が谷口家だったこともあってなんとも言えない雰囲気でした。


そしてしばらくもんでいると新鮮な煎茶の茶葉の香りがするようになります。手もすごくスベスベで(汚くはないですよ)きっとお茶の効果です!殺菌作用は抜群ですからね☆



手からサラサラと滑り落ちるくらいに乾燥すると冷まして出来上がりです。


後は、日本茶インストラクターの方が煎茶の美味しい入れ方を丁寧に教えてくださり、みんなでお茶をいただきました。


こんなイベントが定期的に開催できるといいなと思うんですが煎茶がとれる時期は5月中旬~6月上旬ということで期間も短く、作業の工程も人の手が多く必要なために誰でもが気軽に楽しめるというわけにはいかないようです。

しかし、それであきらめては何も残らないので私の地元の町おこしにもつながる取り組みとして良いアイディアを提案していきたいと考えています。
by gt-imadate | 2011-05-24 08:47 | 各地イベント

久しぶりに東京へ…私は運を福井に忘れた…

さて、東京まで言って総会とシンポジウムと懇親会の一部に出席して翌日の予定のために足早に帰ってきた私と事務局長なんですが…

…お土産も買えず…スカイツリーも見れず…というか電車と人しか見ていない(泣)


朝一番からJRの信号系のトラブルということで20分の遅れ・・・・。

しかし!そこは久しぶりにというか新幹線で東京に行くという人生初の経験をした私☆


またしかし!(いき)の切符が5枚あることに混乱し、米原で入れる切符を間違えました。


皆さん知ってますか!?自動改札に切符はまとめて入れるんですよ?4枚あっても!!



座る座席にでも書いておいてもらいたいですね!!



そして東京で事件は起きました・・・。。。。


東京と福井間の区間乗車フリー券みたいなものがあるんですよ!


(どうやら改札出るまではそれで首都圏の電車乗り放題のようです)


まぁそんなことを知らない私は新幹線から降りて自動改札を通り過ぎる時に自動改札からその切符が出てきたことも知るはずもなく・・・。

通り過ぎました・・・・・・・。
それが必要だと言われ、車掌さんに自動改札から切符を出してもらうことになりましたね・・・。

その後の地下鉄の乗り方がとってもローカルに感じて楽しかったです☆

そして3万人の生徒がいるという東洋大学に入るという貴重な体験ができました。第一印象は「福井にこんなでかい建物は無いな」と思いました。←田舎者ですから(笑)


会議室の席に着いたときにフト気づきました☆



「財布が無い・・・・・」



どこかで落としたんだろうか、すられたんだろうか考えたけど取り乱しても仕方ないし、今すぐ探しに行ってもたぶん見つからないので・・・・。

そして何より周りの皆さんに大変な迷惑をかけることになるので、別にいいかなと思い。大変良い話を聞かせていただきました☆

JRの遺失物センターの受付が電話だと16時までだったので休憩などの合間に電話をかけてみましたがそんなに落し物した人おるんですか??というぐらいにつながらない電話でした…。

とうとう電話が通じなかったので後はあきらめたもので☆帰りの電車のために途中退席の懇親会を楽しんだ後、お金が無事だといいなぁと祈りながら帰途につきました。

その懇親会での料理がまた美味しいのです!東洋大学の学食は空港の飲食街か?というような空間でその中に青山教授のゼミ卒業生が田舎料理やさまざまなご当地食材を使ったレストラン「結び」また行きたいですね☆

その懇親会の時に学生に声をかけられ「若い方なのでと」・・・


いや君のほうが十分若いから・・・・。


地域コーディネーターってどんなことをしているのか?どんな苦労がありますか?などなど質問攻めでしたが4月末からここにきて今回のシンポジウムでようやく「地域コーディネーター」のホントの役割を聞いた私がどう答えていいのか悩みましたが、夢ある学生の期待に応えるべく!!

地域コーディネーターとしてやることは地域の皆さんと私たちそして足を運んでくれる皆さんが楽しく交流しながら続けていくためにコーディネートすることが一番大事なんだと伝えました。

これは実際に1か月間のロハス越前で活動した経験とこの日に聞いたシンポジウムのお話の中で私が実際に感じていたことでした。

もちろんそれだけではないですが、利益優先でもダメだし、ボランティアでもダメだし、そのバランスは私たちがあらゆる観点とアイディアで乗り切っていかなければならないと思います。

まぁそんな話を学生に話していたらもう時間になってしまい・・・。名残惜しくその場を去りました。(その学生は可愛い子でしたw)←もうおじさんです(笑)

そして終始JRの遅れに足を止められ・・・。日をまたいでオウチに帰ることが出来ました☆


日本グリーンツーリズム・ネットワークセンターの総会についての記事がブログにアップされていました→こちらです「GTNETセンター情報」
by gt-imadate | 2011-05-22 15:37 | つぶやき

日本グリーンツーリズム・ネットワークセンター総会記念シンポジウム

総会記念のシンポジウムはまだまだ続きます・・・

青木教授の講演の後でこの度おきた「東日本大地震」において後方支援の体制を早くに立ち上げ、活動してきたNPO法人遠野山里暮らしのネットワーク 事務局長の菊池新一氏から「岩手県の震災実態と遠野市の後方支援の課題」について報告がありました。

遠野市は今回の震災では津波の被害はなく、海岸沿いの地区に比べれば元気さの残った地区ではあるが震災による被害は比較的に軽かったものの遠野に住む人の暮らしに甚大な被害と影響を与えたことは間違いありません。

NPO法人遠野山里暮らしのネットワークのブログにて震災の状況が細やかに発信されています。もしこれから被災地支援に向けて行動を起こされる方はとても参考になると思いますのでご一読ください。→岩手県遠野市の状況

この報告の中で印象的であったのが今どういう状況になっているか・・・
遠野は比較的被害が軽かったために元気な方も多く、その中で仕事を求める方が出てくるようになった。自らの自立した生活を取り戻したいという気持ちが強くなってきたんだと思います。

そうしたニーズに合わせて各地から届いた救援物資を避難している皆さんへ配る仕事をお願いしたところやはり地元のことは地元の方がよく知っているということでさらにきめ細やかな支援につながったり、離れ離れになった家族や知り合いに巡り合うきっかけになったりといううれしい経過が聞かれた。
これを見た菊池氏はコミュニティの大切さを改めて感じたという。今、仮設住宅の入居については優先順位を決めて抽選でという方向だし、これまでも仮設住宅の入居についてはそう対応されてきたと思う。

しかし、菊池氏は仮設住宅にはその土地にあったコミュニティ単位での入居にするべきだと主帳された。コミュニティー単位で仮設住宅に入ればそこにはすでに顔見知りのコミュニティが存在し、一からコミュニティを立ち上げていくよりも明らかに早い時期にその地域の生活や産業が立ち直っていくという。

これは現地におられる方だからこその発想ですね。私もできるならばそうするべきだと思います。
出来るだけそうしたコミュニティを維持しながら優先順位を決めていくことが復興の負担を軽減させ、スピードアップにもつながるのだろうと思います。



ある程度の復興がなされたときにはまた違った支援が今度は幅広い形でできるのだろう。
私たちは現地の状況をしっかりと見定めながら何ができるのかを常に考え、準備をしていきたいと思います。
by gt-imadate | 2011-05-22 09:00 | その他

日本グリーンツーリズム・ネットワークセンターの総会

昨日、日本グリンツーリズム・ネットワークセンターの第7回通常総会が東京の東洋大学で行われました。


物語の話は朝の電車に乗る前から始まるのですが…。長くなるので肝心なところだけ先にお話ししますね。


通常総会は淡々と議事が進み、今年度の総括と決算・次年度の活動方針と予算などが決定されました。日本グリーンツーリズムというだけあってやはり国からの委託事業や各地域のコーディネートなどが主な活動になっているのですね。特にコーディネートの機能が活発だなととても感心しました。


全国各地で取り組みやサービスに差があり、成功例と発展途上例があると感じた。ネットワークセンターとしての役割は地方と都市部を結び付け、全国で取り組んでいる活動家の交流を行うことでお互いの刺激と相乗効果・連携・協働・・・などなどプラスの可能性(アイディア)は無限に広がっていく大事な位置づけだ。


この機能がしっかり連携出来ていることは私たちにとって明るい材料ですね☆


総会後は記念シンポジウムとしてこのセンターの代表理事であり東洋大学社会学部長の青山辰司氏の基調報告と問題提起「転換期のグリーンツーリズム~これまでの実践の質的向上をどう図るか」についてわかりやすいお話を聞かせていただきました。


キーワードはつまり!「転換期にあるグリーンツーリズム」ということです。

これまでの実績の蓄積によって繰り返されてきた改善や事業の多様化・個性化、観光から体験型への転換、多世代を対応にした内容の転換、「農」への関心の広がりなど現状の中で肌で感じられるようになり、これまでの評価に加えて「品質とは何か?」について考えなくてはいけなくなってきた。

そこで言いたいのは!その土地の自然や文化に加えてそこに住む人とその暮らしに交流を求め、「滞在型の余暇活動」つまり農村で楽しむゆとりある休暇を推進していくことがこれから重要であるということではないだろうかということ。

また、いまだ変わらないものもある。

・長期休暇制度の未浸透
・「安金短」観光のムーブメント
・行政支援の非連続性
・中間支援組織の非展開
などなどである。政府はエコ・グリーン・ヘルスの3要素を盛り込んだニューグリーンツーリズムという概念を新たに謳っているというが、まだまだ勉強不足な私には難しい話です・・・。

先ほども少しふれたがグリーンツーリズムという概念にも多様化がみられる。

観光振興に始まり…
・農村での交流から生まれる地域振興
・農村独自のローカルな伝承料理やお祭りへの誘客による文化振興
・子供たちが自然に親しむ機会を生む教育体験
・有機野菜や地元新鮮な食材を食べ、里山を歩いて散策することでの健康増進
・大自然や野生動物から感じる安らぎや癒しによって自己発見の場につながる人間福祉

などである。


グリーンツーリズムは世界的な取り組みとして知られ、このお話の中でも韓国やイギリスで東洋大学の学生が研修を行ってきた報告が紹介されていた。
その中でも「日本型」と呼ばれる類型がある。
・社会的自己実現型GT
   (農家民宿、農家レストランなど)
・労働貢献型GT
   (ワークステイ、ボランティアなど)
・学習型GT
   (ツーリズム大学など)
・教育体験型GT
   (教育体験旅行、修学旅行、子供交流イベントなど)
・「人間福祉」型GT
   (保険・医療・セラピーなど)
である。

現状をまとめると
・日本型のGTの意義
・量から質へ
・運動からビジネスへ
・点から線へ、そして面へ
・行政支援から自立的ネットワークへ
・体験交流から体感・協働・協発へ

ということのなる。見て分かるとおりにまだまだクリアしなくてはならない問題は山積していということ。


ここで観光とツーリズムの違いについてふれると・・・

観光は不特定多数の人を一過性の短期滞在で利便性や快適性を重要としながら利益を求めるというものでその効果もわかりやすく集中している。

それに対してツーリズムは特定少数の人を持続性のある長期滞在を目的に利便性や快適性というよりは交流や「そこで感じてもらえるもの」を重要としながら利益よりもその取り組みから地域が元気になることを求めるものでその効果は多元的に分散している。

地域の中でそれぞれの皆さんが「身の丈」の実践から生まれる協力と連携によって「おもてなし」のが伝わり、故郷に帰ってきたかのような日常の暮らしから感じる素朴な幸福感を誰もがが味わうことができる。

金儲けではなく儲けである。


これからのグリーンツーリズムのテーマとなっていくことは・・・
・次世代への継承と人材育成
・国際化
・地域資源の更なる掘り起しと創造
・品質の評価や活動の支援、保証
・協働・協発的な発展
・中間支援機構の確立とネットワーク
・情報発信と顧客管理
・人間福祉、「幸せづくり」
などなどである。

そこで重要になってくるのが地域コーディネータの役割である。
・地域と行政の、民間企業との調整・連携機能
・実践者のネットワーク化(地域内・地域外)
・人材発掘と人材育成
・インストラクターやファシリテーターとの連携
・情報の受け皿の確立と発信の充実
・マーケティングと交流内容の適正化・調整

こうした役割がこれからのグリーンツーリズム事業において必要と・・・


長くなりましたがそんな話をとても分かりやすく話してくださった青山教授に感謝です。


そして私は見えないプレッシャーに押しつぶされそうになりながらこのお話を聞かせていただいたことは言うまでもありません・・・。

そして、ちいさく「ガンバロウ」とささやきました。
by gt-imadate | 2011-05-22 08:00 | その他

ロハス越前のH23第一回役員会がありました。

昨日、ロハス越前の平成23年度第1回役員会が今立ふれあいプラザの事務所で開かれました。

私は別の会議が重なり、少し遅れての参加となってしましました…すいません。

協議内容は①今年度の補助事業について②今年度の自主事業について③全国大会への参加④県内シンポジウムの開催⑤里地里山チャレンジ隊の日程及びプログラム⑥法人格取得について⑦その他といった内容について役員の皆さんと協議しました。

遅れてきたわたくしはまず、自己紹介から入らせていただいて。。。毎度自己紹介するたびに自分の名前を言い忘れるような上手く自分の紹介ができない私ですが☆

それはさておいて。。。

今年度の自主事業について、オールアイシン基金事業がありまして「お父さんのアウトドア講座」を開催する予定です。これは実は私の初仕事企画です☆詳細は後日お知らせで書かせていただきます。

今年の全国大会は11月29日~30日で開催され、会場は熊本県(阿蘇)のようです。来年は福井県が会場になるということで今年の参加はいろんな意味で重要ですね!

また、11月26日(土)には県内シンポジュウムが開催される予定で29日から始まる全国大会を受けて開催するようなかたちで考えられており、会場は越前市です。
ロハス越前が中心となるのかまだわかりませんが、県組織とすり合わせながら実行委員会を作り、準備を進めていくことになるかと思われます。

里地里山チャレンジ隊は8月6日~8日で今年も開催していく予定です。今年も今立→白山という行程で考えており、それに合わせてイベント補助のワークステイボランティアを募集します。
現在、3日目の手わざ体験を今年はどうするのかなどついて役員の皆さんからご意見を参考に調整し、より多くの子供たちの笑顔と大人になってまた福井県へ遊びに来てくれることを信じて私たちも笑顔で取り組んでいきましょう!!

最後に、ロハス越前の法人格取得について話し合いがありました。NPO法人となるのは簡単だが、後の運営が続かない…というのが今どこのNPO団体も抱えている問題であり、当然ながら私たちも同じ問題を抱えることになる。そうすればどこかで収入母体を作らないといけないがNPOが利益を追うばかりに目的を失ってはいけない。

そのあたりの線引きとロハス越前としての核となる考え方、理念を持ち、それをみんなで共有することがとても大事になってくる。

私もそう思います☆人と人のつながりを大切にして「お金儲け」より「人儲け」だと役員の方がおっしゃってました、まさにその通りですね!世の中がどんなに便利になろうとお金があふれようと無償の人と人との支いあいがなければ幸せは感じません。逆に何もなくなっても無償の人と人との支えあいで救われる命があり、育まれる命があります。これは何にも代え難い尊いものではないでしょうか。このご時世でロハス越前がしている事業は私たちの子供や孫の世代にとって大事なものになると信じています。
by gt-imadate | 2011-05-18 09:35 | つぶやき


福井県越前市で展開しているグリーン・ツーリズム活動。この地方で行われる行事や活動状況、読者の方々のご意見など掲載していきます。


by gt-imadate

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
お知らせ
田んぼオーナー
そば打ち体験
手織り体験
今立町周辺散歩
大豆オーナー
そばのオーナー
月尾くらし工房
田舎ぐらし
米粉料理
もやいの郷・農楽園
視察研修
八ッ杉千年の森
教育ファーム
ワークステイ
各地イベント
facebook
体験感想
つぶやき
白山周辺散歩
その他
体験レポート
ダッチオーブン体験
農家さん
未分類

以前の記事

2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

運営者

ロハス越前
〒915-0242
福井県越前市粟田部町9-1-9  越前市今立ふれあいプラザ 工芸王国内
体験のお申込・お問い合わせは下記よりお願いします。
Tel:0778-43-0879
mail:info@lohas-echizen.org
■関連ホームページ
【越前市HP】
【田舎暮らし体験HP:ふら~っといまだて】
【ロハス越前facebookページ】
【teruのブログ】





タグ

(57)
(40)
(19)
(18)
(18)
(13)
(12)
(9)
(8)
(8)

その他のジャンル

ブログパーツ

雑所得

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧