<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いざ行かん、おけら牧場!

3月25日には、さらに援農についての知識を深めるべく、
坂井市三国町にある「おけら牧場」に研修に向かいました☆
e0061225_11471839.jpg

こんなにかわいい看板がお出迎えしてくれました☆

こちらの山崎さんより、
この場所に農場を作った理由、援農のスタイルなど、
さまざまなお話をお聞きしました。
e0061225_11475349.jpg

最初はお金がない状態、水も電気もない状態からここまでこぎつけた、ということでした。
私たちがお話を聞いたログハウスも、出資を募って建てたものなんだそうです。
この木札に、出資者の方々のお名前が書いてあります。
e0061225_11514612.jpg


イギリスのグリーンツーリズムと日本のグリーンツーリズムの違いや、
小規模でも説得力のある農作物の販売をする大切さ、
農村では、子どもからお年寄りまで居場所を確保することができる、ということなどを学びました。

また、早稲田大学や京都大学の学生を援農で受け入れるようになったきっかけは、
奥様の山崎洋子さんが、
早稲田大学にて「田舎のヒロインわくわくネットワーク」の集会を行ったことに始まるそうです☆

最初は3泊4日で年1回行っていたものを、
「3泊4日では農業の理解につなげるのは難しい」ということで、
現在では1週間滞在のものを、年5~6回行っているそうです。

学生の移動手段は基本的に自転車であったり、あるもので自炊してもらったり、
無理をしない受け入れ態勢をしていくことが大切、ということがわかりました。
現在は、耕作放棄地を学生に開拓してもらいブルーベリー畑にしていく作業の7年目であるそうです。


おけら牧場で採れた卵と牛乳を使った、ジェラート カルナのお話もうかがいました。
観光地である三国湊にあり、年間5万人訪れるそうで、まさに6次産業化の先駆けといった感じです。


お話のあとは、おけら牧場を案内していただくことができました☆
e0061225_1225040.jpg

周りには、娘婿さんが手作りで作った遊具があり、童心にかえって楽しむことができます☆
e0061225_124464.jpg

ハイジのブランコ(笑)
e0061225_1243215.jpg

結構スリルがありました(笑)

元気なにわとりたち☆
e0061225_125353.jpg

しいたけのほだ木☆
e0061225_1254716.jpg

自然を感じれるフィールドにドキドキワクワク!

この後食事をとり、実際にカルナに足を運びました☆
かんばんがかわいい♡
e0061225_133476.jpg

卵や牛乳の他にも、三国の塩やほうれんそう、さつまいもなどの地元の食材を使っていて、大変魅力的でした☆
e0061225_13343778.jpg

また、選んだものプラス「おまけの一口」と、おまけをつけてくれることが嬉しかったです☆
ひとの喜びのツボをおさえてます!ってかんじでした☆
by gt-imadate | 2014-03-27 11:46 | 視察研修

山古志や三太夫と、のろまん農場☆

3月20日・21日と、
ワークステイ先進地視察研修ということで、1泊2日で行ってまいりました!

20日は、先日の農家民宿セミナーに講師の先生でおいでくださった、
おかあさん100選・長島 久子さんのところの「山古志や三太夫」さんのお世話になりました。


農家民宿に向かう前に、新潟県長岡市山古志は中越地震で被災した場所なので、
「やまこし復興交流館」にて、当時の様子をうかがいました。
e0061225_1445654.jpg

中越地震は、平成16年に起こった地震で、
山古志はもともと改訂が隆起してできた土地で、地盤が弱く崩れやすいということもあり、
棚田が崩れ道がふさがったり、
中学校が被災して避難所がなく、近所の人が寄り集まって寒空の下救助を待ったり、
大変悲惨な様子が見て取れました。

これは当時使用したヘルメットです。
e0061225_1446168.jpg

震災という大変な状況のなかで、
各家にあった米などの食糧を持ち寄って飢えをしのいだり、老人や病人は布団に寝かせるという、
いなかのコミュニティー力や「生きる力」を感じました。

震災のさなか、ボランティアのお坊さんたちが作ってくれた「希望の鐘」
e0061225_14474154.jpg

こちらは今、2代目が活躍しています。
e0061225_14483249.jpg


復興交流館の外には、山古志の美しい景観が展示されていました。
e0061225_1450318.jpg

こんなに美しい自然も、いったん牙を向くと悲惨なものなのだな…と思いました。


そして、山古志や三太夫さんに向かいました。
中越地震のときにお家が山津波で流されてしまったということで、
まだ築5年くらいなんだそうです。

しかし、いろりがあって、天井が高くて…と、大変素敵でした☆
e0061225_14532668.jpg

壁には、昔の三太夫さんの絵が描かれていました。
e0061225_15145673.jpg


お料理も、とっても美味しい!
海藻(名前忘れた…)のおひたし☆
e0061225_9395195.jpg

ふきのとうとじゃがいものペペロンチーノ☆
e0061225_9405870.jpg


長島さんの息子さん夫婦がお料理を作ってらっしゃいますが、
本当においしい!(*^。^*)

そして、なんといろりでおもちまで焼いてくださいました☆
e0061225_9432999.jpg

子どもさんまで顔を見せてくれて、
さらに旧山古志村の元村長さん…現衆議院議員さんの長島さんも顔を出してくれて、大変うれしかったです☆
なんていうか、大・満・喫!です(笑)
e0061225_10143616.jpg




次の日は、長野県中野市にある、「のろまん農場」へ向かいました☆
この日開催された、信州元肥塾にお邪魔させていただき、
私たちがおかれている現在の日本経済および農業について、
元宇宙飛行士の秋山さんを講師にお迎えし、さまざまなお話をうかがいました。
e0061225_11271473.jpg

ここでおやつに、美味しいアップルパイを食べさせていただきました☆
e0061225_1128826.jpg

宇宙に関する仕事をするのが夢!という中学生の子に、宇宙の話もしていただけました☆
e0061225_11302457.jpg

また、のろまん農場には、京都大学の農業サークルの子たちが入り込んで、
実際に働き手として果樹の収穫などを行っています。

この日も京都大学の子たちが参加していたので、
のろまん農場の魅力や農業に対する思いを知ることができました☆
by gt-imadate | 2014-03-26 15:11 | 視察研修

おかあさんの宿を訪ねる旅

3月14日・15日と、
まちむら交流きこうさんの、
おかあかんの宿を訪ねる旅のツアーを開催しています♬

まちむら交流きこうさんが認定する、おかあさん100選の農林漁家民宿を巡る旅で、
わたしは、昨日14日のみ参加してまいりましたので、その様子をレポートします( ´ ▽ ` )ノ


朝、米原駅に集合し、
早速、バスに乗り込み彦根城に向かいました!

やはり、歴史のある建物地域と切っても切れない観光資源です♬

しかも国宝!

天守閣の近くで、ひこにゃんが出迎えてくれました♬
e0061225_14114471.jpg

これで舞い上がってしまい、
ルンルンで天守閣にのぼります。

ただ‥階段が…!!!

ひっじょーーーに急です!
スカートで行っちゃダメ!(笑)

天守閣からの眺めは格別!
e0061225_14114598.jpg

参加者の方々と、キレー!すごーい!と盛り上がったのも束の間…
また降りるんですよね…この階段(笑)

ふぅふぅ降りて、そのあとは庭園へ♡
e0061225_1411461.jpg

とても綺麗でした♬


そのあとは、琵琶湖をぐるっと回る形で、高島市新旭町の「かばた館」での昼食です。

かばた館は、商工会館の中にあるので、
佇まいは「え、ここ?」って感じるような場所でした。

しかし、中に入れば、、
e0061225_14114890.jpg

地場産のお野菜をつかった豪華ランチ!
温かいものは温かく出てくるのって最高ですね!(≧∇≦)

特にご飯は「しょいめし」といいます。
しょいめしというのは、しょうゆを使って炊いているという意味と、昔はお祭りの時等にも出されたことから「ワッショイ」の「ショイ」をかけあわせて名付けられたそうです。
昆布とかつおで丁寧にとっただしを使ったしょいめしはまさに絶品!
中に入っているゴボウ、ニンジン、干しシイタケ、鶏肉等の具にまで旨味がしみ込んでいて、とても美味しかったです☆

また、なますに干し柿が入っていたりと、
今立にはない珍しい食べ方を経験できました☆

玄関先には、地元のおみやげが並んでいました。

地元で染め上げた糸。
e0061225_14114854.jpg

美味しいお野菜。
e0061225_14114936.jpg




満腹になったところで、次は針江地区の「生水(しょうず)の郷」に向かいました。
ここにはキレイな水がわき出ていて飲むことができるのです!
案内人さんから、素敵な竹のコップをいただきました☆
e0061225_14115012.jpg

湧水は生きた水・生かされている水「生水(しょうず)」と読むそうです。

 生水を利用して川端(かばた)というしくみを作ったそうで、
その川端の見学をさせていただきました。

バスを降りたら早速、川端が!
e0061225_14115159.jpg

ここのお水も飲めます☆
なんでも、昔はここにお家が建っていたとか。

川には、梅花藻が☆
e0061225_14115241.jpg

よく見ると白いつぼみが付いていました☆

こちらも外にある川端。
e0061225_14115464.jpg

ここにも、昔お家が建っていたようです。

こちらは、個人のお宅の川端。
e0061225_14115547.jpg

藻を食べて、川端をキレイにしてくれるので、
鯉を飼っているお宅が多いそうですが、
このお家は金魚まで飼ってらっしゃいました☆
e0061225_14115631.jpg


とあるお家の川端には一輪ざし。
e0061225_14115769.jpg

とても雰囲気がいい☆

手作りトンボも☆
e0061225_14115853.jpg


春の匂いを感じる景色☆
e0061225_14115955.jpg


歩いていたら、たくさんの鯉がいる場所が!
思わず見つめる参加者の皆さま(笑)
e0061225_1412037.jpg


錦鯉のいる川端。
e0061225_1412076.jpg

e0061225_1412158.jpg

針江の皆さまは、水と共に生きている、ということを感じました。
大変素晴らしい場所でした☆


次は、鯖街道は熊川宿へ!!!
やはりここは、葛!
e0061225_15245633.jpg

葛ぜんざい、とってもおいしかったです♬


最後に、小浜の街歩き!
小浜は、若狭の小京都といわれるくらいお寺が多く、
古い街並みも残る場所です。

最初、何年か前の大河ドラマ「江」の主人公・江のお姉さんのお初が建てたお寺、
常光寺の見学をさせていただきました。
e0061225_1412222.jpg

そこから歩いて、三丁町の散策。
軒先に、可愛らしい「身代わり猿」がさがっていました。
e0061225_1412393.jpg

庚申堂のも、たくさんの身代わり猿が!
e0061225_1412444.jpg

なんでも、人間の体内には『三尸(さんし)の虫』というのが宿っていて、この『三尸
(さんし)の虫』は「コンニャク」と「猿」が大嫌いだそうで、悪病や災難を遠ざけるためコン
ニャクを食べたり、おまじないとして、家の軒先に「身代わり猿」を吊るしたりという風習が生まれたそうです☆


そして、お泊りは、グルメ民宿 はまもと!!!

ここのおかみさんが、おかあさん100選の濱本和代さんです☆

はまもとさんのある集落では、体験の受入れ(鯛を釣って、さばいて食べる体験)や、
ふぐの養殖もおこなっています☆

晩御飯に、なんと、てっちりがでました!!!
e0061225_1412560.jpg

豪華すぎる!
海鮮カルパッチョも、おしゃれ!
e0061225_1412655.jpg

フルーツも入っていましたが、とってもしっくりくる味でした☆

そしてなんといってもロケーションの良さ!
e0061225_1412744.jpg

夜も朝も、砂浜を行き交うさざ波の音がさわやかでした☆


私は1日目のみの参加でしたが、
2日目は、敦賀にある「漁師の宿 なかい」の中井君枝さんのお話と、
我らがロハス越前の「加藤さんち」「笹村さんち」を巡るという事で、
皆さま楽しまれるそうです☆
by gt-imadate | 2014-03-15 13:27 | 視察研修

地域おこしセミナーのご報告☆

3月7日・8日に、地域おこしセミナーを開催いたしました☆

講師の先生は、福島県は南会津の大内宿からお越しいただいた、
吉村 徳男 先生です☆

吉村さんは、大内宿のなかにある「そば処 こめや」のご主人で、
元々は役場の職員さんでしたが、45歳で退職し、
大内宿の景観のために茅葺き職人になったそうです。

3月7日は、「攻めの守りが地域を輝かせる」というテーマでお話をいただきました。

e0061225_1140572.jpg


大内宿は江戸時代からの街並みで、
今は観光で生計をたてているところになります。
秋には、大内宿へ続く道路が20Kmも渋滞するんだそうです!

雪が積もった姿も風情があります。

e0061225_1141384.jpg


しかしそんな大内宿も、昔から順調にお客様がいらっしゃったワケではないそうです。
昔は、福島のなかでも、「大」のつくところにはお嫁に行かない方がいい、といわれるくらい田舎だったそうです。

そんななか、昭和30年代には、茅葺き屋根をやめてトタン屋根にすると補助が出るということで、
トタン屋根の家が増えてきました。
しかし、それではダメだ、伝統的な景観を残さなくては…という流れが起き、
今では重要伝統的建造物保護群に指定されるまでになりました。

そして、大内宿は、多い。
何がって、昔からの伝統行事が。

「そんなに行事ばっかりで、簡素化っていう話は出ないのか」
ということも言われるそうです。

吉村さんは言いました。

伝統行事など、
最近は煩わしいということで簡素化されていく流れがあるけど、
あえて面倒くさいことをやることで、嫌でも人の手を借りなければならず、
結果それが人と人とのつながりになる、と。

また、観光でなりたっているとはいえ、
お客様ありきではなく、まずは自分たちが満足することが大事で、
それが文化をつないで守ることにつながるんだそうです。

質疑応答では、
吉村さんのお人柄もあってか、
活発な意見交換がされていました。



8日は、もやいの郷・農楽園にて、
「地域の資源を生かすまちづくり」をテーマにパネルトークを行いました。

e0061225_1524530.jpg



この日は、吉村さんと参加者の距離が近く、
7日よりもさらにアットホームな会になりました。

e0061225_15241882.jpg



この中で特に印象に残ったのは、
地域のなかのお年寄り、子どもまで巻き込んで、
「自分の地域の中で役立っているんだ」という意識をもってもらうことが大事、というお話と、

50回続ければ本当の祭りになる、というくだりです。

もやいの郷・農楽園の瑞貴まつりは今年で18回目!
50回まで、もう一息です(笑)

最後に、昼食交流会を行い、
今回の地域おこしセミナーは幕を閉じました。

地域のこれからにつながっていくような時間を過ごすことができました!
by gt-imadate | 2014-03-13 15:11 | 視察研修

「春のお祝いセット」

ロハス越前の体験メニュー「漆器の研ぎ出し体験」を行っている、
自然工房 与十郎さんから、
とっても素敵なお弁当箱が届きました☆

春の新生活のお祝いや、お花見のお供にいかがですか?(*^。^*)

今回、こちらのお弁当箱と、
安心安全なお野菜作りを心がけている平澤さんの特別栽培米をセットにしました☆


お弁当箱の種類は2種類。
e0061225_9104134.jpg

手前が「溜塗」奥が「朱塗」です。
溜塗は、仕上げに透明な漆を塗ったものになります。
このお弁当箱もつやがとても綺麗で、下に敷いてある和紙を映しこんでいます。


中はこんな感じです。
e0061225_9104210.jpg

横21.4cm×縦8.5cm×高さ9.1cmになります☆


ご希望で、マイ箸セットもご用意しております☆
e0061225_9104369.jpg

与十郎さん特製のお箸と、ハンドメイドの箸袋のセットです(*^_^*)


◇春のお祝いセット① ¥3200
 ・お弁当箱(朱塗)
 ・特別栽培米 2キロ

◇春のお祝いセット② ¥3800
 ・お弁当箱(溜塗)
 ・特別栽培米 2キロ

◇マイ箸セット ¥2000
 ・与十郎 オリジナル塗り箸
 ・ハンドメイド箸袋


e0061225_9104318.jpg

by gt-imadate | 2014-03-06 09:06 | お知らせ


福井県越前市で展開しているグリーン・ツーリズム活動。この地方で行われる行事や活動状況、読者の方々のご意見など掲載していきます。


by gt-imadate

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
お知らせ
田んぼオーナー
そば打ち体験
手織り体験
今立町周辺散歩
大豆オーナー
そばのオーナー
月尾くらし工房
田舎ぐらし
米粉料理
もやいの郷・農楽園
視察研修
八ッ杉千年の森
教育ファーム
ワークステイ
各地イベント
facebook
体験感想
つぶやき
白山周辺散歩
その他
体験レポート
ダッチオーブン体験
農家さん
未分類

以前の記事

2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

運営者

ロハス越前
〒915-0242
福井県越前市粟田部町9-1-9  越前市今立ふれあいプラザ 工芸王国内
体験のお申込・お問い合わせは下記よりお願いします。
Tel:0778-43-0879
mail:info@lohas-echizen.org
■関連ホームページ
【越前市HP】
【田舎暮らし体験HP:ふら~っといまだて】
【ロハス越前facebookページ】
【teruのブログ】





タグ

(57)
(40)
(19)
(18)
(18)
(13)
(12)
(9)
(8)
(8)

その他のジャンル

ブログパーツ

雑所得

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧