タグ:越前市 ( 18 ) タグの人気記事

南中山小のみなさんが給食に誘ってくださいました☆

この間、とても素敵な時間にお誘いをいただきました☆

一緒に大豆を育ててきた、南中山小学校の3年生のみなさんが、
今までのお礼にと給食に誘ってくださったのです(*^。^*)

この給食には、
5年生が作った赤米(奈良・薬師寺に奉納)と、
3年生が作った大豆 が使われています!

私も、久しぶりの給食~♡と、この日を心待ちにしていました(笑)


学校に向かうと、
私たちの給食を持って、「準備ができました!」とお迎えにきてくださいました☆

赤米の農家さんは5年生の教室へ、
私たちは3年生の教室へと案内されます。

e0061225_10191827.jpg
綺麗な校舎で気持ちがいいーーー!


そして、待ちに待った給食!

5年生が育ててくれた赤米を使った、赤米カレー☆

e0061225_10191918.jpg
とても優しい味でした♬

こちらは、3年生のみなさんが育てた大豆を使ったサラダ!

e0061225_10191954.jpg
すっごい美味しかったです(*^。^*)!!!

みなさん、夢中で食べています♪
e0061225_10192024.jpg

そして、南中山小学校の畑のある国中地区のケーキやさんが作った、
赤米と大豆のコラボスイーツ!!!

e0061225_10192183.jpg
こちら、生地に大豆、中のクリームに赤米が入っています。
なんと美味なことか~!!!


給食のあとも、3年生のみなさんと手遊びをしたり、
とっても楽しく過ごさせていただきました。

本当にありがとうございました☆


by gt-imadate | 2013-12-26 15:52 | 教育ファーム

越前里地里山チャレンジ隊2013レポート! 1日目

こんにちは!(`・ω・´)!!!

8月3日~5日まで行われました、越前里地里山チャレンジ隊2013の模様をレポートいたします☆


まずは1日目。

今立ふれあいプラザにて、福井っ子と港区っ子が合流して開校式からチャレンジ隊の幕は開けました☆

e0061225_13463372.jpg


ここで班ごとに分かれて、それぞれリーダーや係を決めていきました。


そして次は、赤坂地区の山にて植樹です。

e0061225_13463531.jpg


この山にはなんと、古墳があります!(`・ω・)ノ☆

考古学的に見ても、なかなか珍しい出土品があったり…

そんな山に、木を植えました♪

みんな、元気に山を登っていきます。

e0061225_13463670.jpg


今回は、葉っぱ寿司に使われるあぶらぎりの葉や、ヤマモモの木など、
8種類の木を植えました。

アドバイスをもらいながら、みなさん真剣に木を植えていきます。

e0061225_13463742.jpg


e0061225_1414485.jpg


なんと勇ましい!

あ、山の中で、カエルやバッタを見つけている子たちもいました~♪

e0061225_13463939.jpg


e0061225_1414538.jpg


そしてその後、古墳の話を聞きました☆

e0061225_1414639.jpg



みなさんでパシャり!

e0061225_1414729.jpg


みなさん、植樹お疲れ様でした!


次はもやいの郷・農楽園に移動し、
農家民宿を営んでいる加藤さんに、そば打ちを伝授していただきました!

e0061225_1415058.jpg


みんなで粉をこねていきます。

e0061225_1415059.jpg


e0061225_1415281.jpg


e0061225_1415378.jpg


お、どんどん固まってきました。

これを伸ばしていきます。

e0061225_1415498.jpg


e0061225_1415581.jpg


加藤さんに習って、みんなで協力して伸ばします。


そして、みんなで切って、ゆがいていただいて、みんなでおいしくいただきましした。

手打ちそばの味は格別でした♪


そして、各農家民宿さんに移動して、
南中山の納涼祭に参加し、みんなで花は咲くの合唱をしました♪

きれいな花火も見ながら、一日目の夜は更けていきました。

       
by gt-imadate | 2013-08-10 13:11 | 体験レポート

冬のいろりばた

今日は冬のいろりばた☆

準備はバタバタ☆

お客さんもあっちへバタバタ、こっちへバタバタ

スタッフも一日ずーっとバタバタバタ

いろりを囲んでかきもち焼いて

里芋田楽もいろりで焼いた

みんなで囲めば暖かい会話が弾むいろりばた・・・



なんて歌ってみました♪渡辺さんにハーモニカで曲をつけていただかないと!!


歌い始めが「準備はバタバタ」ではね。。。と言われそうですが。。。

さて、冬のいろりばた当日です。準備は昨日から臼を出したり、食材を用意したり、、
当日は8時には皆さんお揃いでもち米を蒸したり、もやい鍋を煮たりと大忙し。

私もあちらこちらとお客さんが来るまでに考えながらお手伝いをしていました☆

9時40分ごろ、、最初のバスが到着するともやいの郷の中は賑やかになります。

お餅はつきたて☆おいしそう!
e0061225_120657.jpg

e0061225_1159373.jpg


似顔絵タジーさんも来てくれました☆
e0061225_11594557.jpg


きな粉挽きも大人気!
e0061225_120080.jpg


ダッチオーブンと炭火でおにぎりや、さつまいも、アメリカンドッグなどなど、、美味しかったなぁ☆
e0061225_120371.jpg


いろりではかきもち焼き☆
e0061225_120121.jpg


これはいちりん舎でのいろりばた
e0061225_11585573.jpg


これは堀田さんちでのいろりばた
e0061225_11591034.jpg


自転車発電も大人気☆
e0061225_1201555.jpg


ソーセージ作りもみんな興味津々!
e0061225_1201814.jpg


押し花とリボンのアート作品作り☆
e0061225_1202117.jpg


漆器の絵付け体験も大人気☆
e0061225_1202983.jpg



堀田さんちの折り紙あそび
e0061225_11591655.jpg


いちりん舎もたくさん人!
e0061225_1159839.jpg


気が付けばもやいの郷も人がいっぱい!
e0061225_1202668.jpg



楽しい楽しい冬のいろりばた。

これでもほんの一部の内容です♪

ロハス越前ではこんないろんな体験を一年通して体験ができるよ☆

興味がわいたら相談してみて⇒ロハス越前事務局 0778-43-0879
by gt-imadate | 2012-02-26 17:29 | 各地イベント

地区フォーラム「グリーンツーリズムで地域は変わるか」

今回はロハス越前が主催の地区フォーラムです。
e0061225_1471476.jpg

場所は私の出身地である味真野地区☆


この開催の為に味真野自治振興会の皆さんにも後援をいただいて味真野地区の方へのPRをしていただきました。

テーマは「グリーンツーリズムで地域は変わるか」としました。


なぜこのテーマなのか?

私は今年の4月からロハス越前で働かせていただくようになってグリーンツーリズムというのを知りました。
ワケも分からないままに企画をしたり、イベントに出たり、お客さんを案内したりという経験をたくさんさせていただいている中で私の中で「グリーンツーリズムが広がらないのはどうしてなのか」ということでした。

その理由を確かめるためには私のようにグリーンツーリズムを全く知らない人から「グリーンツーリズムについて」語ってもらうのが一番だと考え、このテーマにしました。

なぜ味真野なのか?

私が味真野地区の出身でグリーンツーリズムを導入していない地域での開催を考えた時に一番話がしやすかったからです!味真野地区にグリーンツーリズムが受け入れられ少しずつでも取り組みがスタートするきっかけとなるといいなと思っています☆

さて、当日の話ですが。。。

申し込み人数が思うように集まらず、県の担当者はじめ関係者は冷や汗をかきながらこの日を迎えたわけなのですが、当日に合わせてくれたのか都市農村交流員の打ち合わせが同じ日であったために各地の都市農村交流員の方が参加して頂けて、ロハスの会員さんも含めて関係で半数ほど集まりました。

それでも30名定員のところで15名ほど・・・地元の方はたぶん事前申し込みなどはしてこないだろうという気がしていたので始まるまではドキドキでした。

始まってみると地元の方も何人か来ていただけて、、

最終的には30人を超える人がこのフォーラムに集まっていただけました。


私ごとですが。。親知らずの下の歯茎が腫れまして痛かったです。。。



言い訳ではありませんが、私のつたない司会進行で最初にロハス越前の田中事務局長から「ロハス越前」ってなんや?「グリーンツーリズム」ってなんや?ということについてお話をいただきました。
e0061225_1483753.jpg

ここまでではまだピンと来ていない人が多いと思うので、次は実践者であり、全国の農家民宿で「おかあさん100選」に選ばれている笹村さんの体験談を聞いていただきました。
e0061225_1474948.jpg

これでやっとなんとなくですがグリーンツーリズムが近く感じたんじゃないでしょうか??

そこでグループワークです。コーディネート役は仁愛女子短期大学教授でロハス会員でもある内山秀樹さんです。

グリーンツーリズムを「未経験者」「実践者」「推進する側」という3グループに分けてそれぞれのテーマで話をしました。
e0061225_1491515.jpg

未経験者のグループでは、

地域にお金を払ってでも来る価値はあるか?(価値)
特に魅力的な資源がないのではないか?(資源)
グリーンツーリズムは素人ではできないのではないか?(ノウハウ、人材)
面倒なことが多いのではないか?(行政、中間支援)
他人を泊めること。。家を貸すこと。。(抵抗)
↑で本当に収入や地域の活性化につながるのか?

という項目で話をしていただきました。

2グループで話し合った結果としては地域の資源としては自然の豊かさや歴史・文化があり、それが他から来た人にとっての価値になるというのはみなさん感じていらっしゃるようです。
グリーンツーリズムについては良い取り組みと思うし、検討したいと思うがやはり人を泊めることには抵抗があるし、ノウハウもないがロハス越前のような団体のサポートがあり、地区全体で助け合っていけば何とかなるのではないのか。という意見でまとまりました。
必要なのは地域で活動してくれるキーマンの育成で活性化という面ではやってみないとわからないが地域に住む人の心の活性化になりそうだという声が聞かれました。
e0061225_14102017.jpg

「実践者」のグループでは、
実践者ならではの悩みが多く聞かれました。特には活動を広げるために何が課題となっているかということです。
農家民宿をやろう!という人はなかなかいないものですが、良いかなぁと思っている人はいるようです。
そんな方がもう一歩を踏みきれない理由は、その家庭の奥さんが世話することへの抵抗です。
お客さんが来るのだからいいものを出さないといけないとか掃除しないといけないなどお客さんをもてなすことへの不安が計り知れないようです。
そうした不安も「一度やってみないとわからない」ということで何かイベントごとなどで少しお手伝いをしていただきながら徐々に慣れていただいたり、興味を持っていただいたりするのが良いのではないかという意見がでていました。
e0061225_1495764.jpg

最後に「推進する側」のグループでは、
グリーンツーリズムを推進していく立場として行政関係者や都市農村交流員の方が多いグループとなりましたが、これからグリーンツーリズムを定着させ、発展させていくためにはどうしていくのが良いのかという視点で考え、グリーンツーリズムが地域で推進されていくには地域にキーマンが必要であり、そのキーマンの育成やリピーターを増やし、ファンを作る運営面での取り組みなどの強化が必要であるいう意見が出された。
地域と行政がそれぞれの役割の中で出来ることを無理なく続けていくことを話していかなくてはならない。

時間の短い中でこれだけ内容のある話し合いが行えたことに感謝しております。

コーディネータの内山さんとはじめとして来ていただいた皆様ありがとうございました☆
e0061225_14104742.jpg

私も含めて「グリーンツーリズムが少しは分かった」そんなフォーラムになったのではと思います。
by gt-imadate | 2011-11-16 22:38 | 体験感想

服間小学校の大豆収穫

服間小学校の子供たちが種まきをして育ってきた大豆の収穫がありました。

前日まで雨が降っていたこともあって地面も収穫する大豆も湿っている条件は良くないのですが・・・
e0061225_11481050.jpg


雨の多い時期ですので日程調整も考えるとちょっと無理にでもやりたいということで今日収穫を行いました。

渡辺さんに足踏み脱穀機と唐箕(トーミ)をお借りしてきました。

まずは大豆を収穫して集めます。
e0061225_11483613.jpg

e0061225_11484941.jpg


子供たちは早い!
e0061225_11492761.jpg


次に葉っぱを取って足踏み脱穀機です。
渡辺さんから巻き込まれたりしないように注意を聞きました。
e0061225_11494594.jpg

渡辺さんは子供のころに巻き込まれてケガをしたことがあるそうで。。。リアルな注意に子供たちもちゃんと聞いていました☆
e0061225_11523076.jpg

でも子供たちはこれが大好き☆


足踏みはかなりの重労働。。。
e0061225_11524347.jpg

先生も頑張った!

マメを取り終えた残りは細かくして畑に撒きます。
e0061225_11525531.jpg

こうして土の栄養になるんだね☆余すところが一つもないのが農業!

収穫した大豆は学校に持って行って子供たちがきれいに選別します☆そして乾燥させて、3学期にはみそや豆腐作りにチャレンジします☆
e0061225_11554856.jpg

by gt-imadate | 2011-11-10 13:34 | 体験感想

地区フォーラム「希少種の保全保護と農業のかかわり」

今日は越前市坂口地区の地区フォーラムに参加をしてきました。
e0061225_11365493.jpg

場所は坂口にあるエコビレッジ交流センターです。

今回のテーマは「希少種の保全保護と農業のかかわり」ということで越前市西部地域の取り組みについて長谷川巌 氏からの講演を聞きました。
e0061225_11364335.jpg

長谷川先生は武生東小学校の校長を歴任後に教職を定年退職し、地元で「水辺と生き物を守る農家と市民の会」を仲間と共に立ち上げ、初代会長を務めた。

長谷川先生はこの坂口地区には以前から多くの「希少種」が生存しているという切り口から「希少種」とはそれ以前は豊富な種類の生き物がたくさん生息していたところを農業効率の向上と共に化学肥料や農薬といったものの使用が増え、外来種の持込みによって既存の生息種が絶滅の危機に瀕していることから「希少種」となったのだということからの説明から始まる。

現代で「絶滅危惧種」「希少種」という言葉が溢れているがもともとの状態がどうだったのか。その言葉の背後にはどんなメッセージがあるのかを理解している人は少ないのではないかと感じた。
e0061225_1137871.jpg

ではなぜこの越前市西部地域には希少種と呼ばれる生き物が今も生息しているのか???

それは古くからの農法を守り、里山と生き物の生息する環境を作りながら作物を育て「自然の恵みをいただきながら過ごす」を実践してこられた地域の皆さんの努力があるからと言うことではないでしょうか。

昭和45年12月にくちばしの折れたコウノトリが飛来して以来、コウノトリを呼び戻す取り組みが少しずつ行われ近年になって効果を示すようにコウノトリが再び飛来をしてきました。

このことからもわかるのはやはり「多様な生物が生息する豊かな地域だから」と言うことではないでしょうか??

人が生活をさせていただく為に里山を守り、生き物の生きる環境を作る。そして自然の生き物と共生しながら育てた作物をいただいて生活をする。


いつのまにか忘れられた生活の知恵です。

忘れてはいけない生活の知恵です。


私の語りはこれくらいにしまして・・・今回のフォーラムは実践も兼ねています。
e0061225_1137265.jpg

棚田だったところの山際に山水が流れる水路を作って生き物が産卵し育ちやすい環境を作りました。
e0061225_1138423.jpg

生木の丸太を運ぶのはすごく大変。。。泥を持って丸太を隠すと木が腐りにくいのだとか☆
e0061225_11373717.jpg

そんなことをしている間に余った丸太と杭で即席の橋が架かっていました!!

この技術は素晴らしい!

作業が終わったらエコビレッジに帰って昼食です。

昼食は「里山工房さかのくち」で地域のおばちゃん達の作ったお弁当☆

地産の野菜などがたくさん入った郷土料理♪贅沢な一時です☆

地元でとれた柿も用意されていました☆

富有柿と「あわし柿」と「あわせ柿」
「あわし」は焼酎で・・
「あわせ」はお湯で・・

坂口の常識です!私は焼酎あわしが好きです。

お昼からは坂口・白山地区の農業者、学識者、NPOなどで組織されている「水辺の生き物を守る農家と市民の会」の活動報告を聞いて、そしてグループワークです。
e0061225_1138278.jpg

地域のグループと地域外のグループを3グループに分けて「坂口の振興策」について話し合います。
e0061225_11383839.jpg

当然私は地域外。
e0061225_1138487.jpg

コーディネート役は環境文化研究所の田中謙次 氏です。

まとめでは各グループからそれぞれの切り口から発表があり、、
「地域の本音」
e0061225_11394614.jpg

「地域外から観た魅力ある地域とは」
e0061225_11395816.jpg

「生き物の目から見た地域の活性化」
e0061225_1139052.jpg

というテーマで様々な振興策が生まれました。

地域の資源や技を活かした交流プログラムを企画・実施することで少人数でも来ていただいて、そこから保全再生の取り組みに広げていこうという感触を運営者もつかんでいただいたようです♪

これからも里地里山の坂口に行きたいと思います。
by gt-imadate | 2011-11-05 17:08 | 体験感想

これからの予定

まずは明日の予定です。

明日は南中山の大豆の収穫が昼からあります☆

私も大豆の収穫は初めてなのでワクワクです003.gif

それが終わると服間、北新庄も大豆の収穫があります。
そして11月初旬のころにはそばオーナーの収穫もあります!!

収穫三昧のこの季節☆収穫の秋ですね001.gif

11月へ入りますとイベントが盛りだくさんです!

なぜなら「農ある暮らしを楽しむ月間」ということでふくいエコ・グリーンツーリズムネットワークで連携し、県内各地で関連イベントが開催されます!

情報はこちらから→月間イベント紹介

そして26日(土)には全体フォーラム。またそれに関連した地区フォーラムも開催されます072.gif

パンフレット&申込書などのダウンロードはこちらから→ふくいエコ・グリーンツーリズムHP

ロハス越前では地区フォーラムとして越前市味真野地区で「グリーンツーリズムで地域は変わるか」というお題でワークショップを開催します。 

味真野地区は名所・旧跡が数多く現存し、伝統芸能「越前万歳」やタケフナイフビレッジといった観光施設までありますが、日頃から多くの観光客が来るものの、お土産や休める場所がほとんどないのが現状です。
もったいないですよね??

そんな味真野地区の旧家や伝統古民家、または優しい田舎のオウチに宿泊出来たり、立ち寄ってお茶を飲めたり出来たら素晴らしいと思いませんか??それにはもちろん地元の皆さんの協力が必要ですし、いろんな苦労もあると思います。

しかしここでしかできないこと。私たちにしかできないこと。

この考え方はどこの地区にお住いの方にも同じことが言えます。

ですから地区フォーラム「グリーンツーリズムで地域は変わるか」です!!

味真野地区だけではない、いろんな地区の皆さんが参加してもらいたい。そして自分たちの地区の良さを自分たちで掘り起し、アピールしていくこと049.gif

是非参加してみませんか??

当日は農林魚民宿お母さん100選に選ばれた「笹村喜美枝さん」が体験を通してのお話を少し語っていただけます。
そしてワークショップのコーディネーターは現在仁愛女子短期大学生活学科 学科准教授でありロハス越前会員でもある「内山秀樹」氏に来ていただけます。

この機会に地域のことを少しだけ見直してみましょう045.gif 

ご応募をお待ちしております。

応募&問い合わせは⇒ロハス越前事務局  0778-43-0879(担当:市橋)

チラシ情報などは⇒こちら


今日のブログはなにか違うでしょう?絵文字なるものを使ってみました035.gif
すべての端末で見れているのかが不安ですが・・・。
by gt-imadate | 2011-10-18 09:48 | つぶやき

時水に行きました☆

今日は時水に行きました。
e0061225_17222545.jpg

案内役はもちろんこの人!!

知らない人は味真野にはいないという「川上一馬」さんです。

川上さんは25年も時水を見守り続け、時水をいろんな方に見ていただこうと山道を整備して、県に「名勝」の認定をしてもらうような働きかけを行うなど精力的に活動してきました。

時水に行くには山道を通っていかなければなりません。
e0061225_17223861.jpg

この道がなかなか直線で上がっていくので辛いのです。。。
e0061225_1722522.jpg

これは「時水橋」とここを通る人が呼ぶ橋だそうです☆

途中で休憩です☆川上さんがいろんな小話や植物のことを話してくれます。
e0061225_1724772.jpg

これはどんぐりの実です☆どんな木か想像できますか?

100mほど登るだけですがほぼ直線で登るので一気にあがると疲れてしまいます。
e0061225_1725224.jpg

これは天狗がいたという「鞍谷の七不思議」の一つである松の木です。今では枯れてしまいましたが・・・
枯れてもこの大きさ!現役の時はどんなものだったのか!?

やっとの思いで時水の場所までたどり着くと勢いよく水が流れていました☆
e0061225_17252283.jpg

この時水は「間歇冷泉」ということで水の量が不定期不定量に変化するのだそうです。
この時水も鞍谷の七不思議のひとつです☆
e0061225_17253713.jpg

これは川上さんの手作りの水の増減がわかる表示です。山に登らない時はこれを山の下から双眼鏡で確認して楽しんでいるそうですよ♪

時水の魅力は何と言っても・・・

①水の量が変化する理由が証明されていない。
②日本で5か所ある間歇冷泉で比較的容易に観測できるのはここの時水だけ!

ということです☆

これはなぜメジャーなスポットではないのか不思議でなりませんが、、、

その原因の一つは「すぐに変化するわけではないということ」
e0061225_1730144.jpg

私たちもこの日は半日ほど時水を見ながら川上さんの話を聞いたり、ご飯を食べたりしていました。

ですから、半日ほどゆったり自然の中で過ごしながら時水が変化するのを見ている。

ゆったり時を過ごしながら水の変化を楽しむ☆これが時水の楽しみ方です♪
e0061225_1728384.jpg

これは川上さんが毎回紙を替えている水の増減を測定し、記録する装置です。高価な装置をこのために購入したのだそうです。。

初めて登られる方には川上さんがガイドでついていただけるように交渉しますよ☆

是非!一度行ってみませんか?

このところの異常気象で時水の変化もおかしいようです。

もしかするといつまでも見れるものではないのかもしれません。。

お問い合わせはロハス越前へ  ⇒ 0778-43-0879 (体験・農泊担当:市橋)
by gt-imadate | 2011-09-08 17:55 | 体験レポート

越前里地里山チャレンジ隊Vol.3

さて、野外活動が終わったら福井新聞社のコウノトリ支局に移動して、汗をいっぱい書いたから着替えと昼食です。
e0061225_13143381.jpg


昼食はしらやまの地元のお母さんたちの手作りお弁当です☆すごく美味しくて子供たちも喜んでいましたね♪

そのあとでホントならコウノトリの話や里地里山の話を聞くはずだったのですが、実は子供たちは昨夜楽しすぎたのか興奮しすぎたのか・・・十分に寝ていない子が少しいたこともあってお昼寝タイムを1時間程作りました。

前日からの疲れと野外活動でゆっくり休むと・・・

そんな甘くはありません!!

さすが!子供!

何もなくても自分たちで遊びを考えて遊ぶんですね☆

そこには年齢も性別も生まれた土地も関係ない子供の遊び場がありました。(うるさいくらいに)

コウノトリ支局の広いけど40人の子供が入るとなかなか狭い古民家の中を最大限に使って遊んでいました。
無事に物も壊さず、怪我もなくてよかったね。

ちなみに6人くらいから腕相撲を申し込まれ大人げない勝負で私もはしゃいでしまい・・・今もひじが痛いです。

そんな話は置いておいて!

しっかり休んだ後(遊んだ後・・)でコウノトリの話を福井新聞社コウノトリ支局員の伊藤さんから話していただきました。なぜコウノトリを福井新聞が取材しているのか?コウノトリって何?どうやったらコウノトリが飛んでくるの?コウノトリにいてもらうためにはどうしたらいいの?などといったお話を分かりやすく喋ってくれました。
e0061225_13291653.jpg

子供たちも熱心に聴きながらときに子供たちに問いかけてくれたり笑わせてくれたりと楽しくコウノトリについて勉強ができました。
e0061225_13293884.jpg


これはコウノトリ支局においてある米俵です。大人1人が1年で食べる平均的なコメの消費量はこの米俵1つ分なんだそうです。重さにすると60キロ!私より重い!
e0061225_13323448.jpg

そりゃ~持ち上がらんわな(笑)

そのあとはコウノトリのゲージを見に行きました☆本来ならここにコウノトリが入っている予定だったんですが少し遅れているそうです。コウノトリが入っていなくて残念だったけど・・コウノトリの餌場のことがよくわかって良かったね☆またコウノトリが来たらお友達を連れて見に来てね♪
e0061225_13355536.jpg
e0061225_13361850.jpg

そのあとはしらやま小学校に移動して今日の夜にお世話になる農家さんとご対面です☆
私たちボランティアは太陽の広場へ入浴に行きましたが、子供たちも各農家さんのところでお風呂に入りました。

そしてそして、待ちに待ったしらやま夏まつりです。スイカ食べ放題!素晴らしい!!
これは米粉ピザのトッピング体験を子供たちがしている様子です♪すごく美味しいカレーもあったしおなかいっぱいです☆
e0061225_13423651.jpg


チャレンジ隊のみんなで「となりのトトロ」を歌いました♪ちょっとしか練習しなかったけど丈夫に歌えたね!
e0061225_13453114.jpg


このほかface bookyou tubeで子供たちのかわいい動画を紹介しています。

夏まつりが終わってボランティアは旧安養寺分校で暑さと蚊取り線香の煙にうなされつつ明日の準備です。
e0061225_1353960.jpg

何をしているのかな?明日は最後☆別れはさびしいけど何があるのか楽しみだね♪
by gt-imadate | 2011-08-07 23:10 | 体験レポート

越前里地里山チャレンジ隊vol.2

チャレンジ隊2日目です☆

ボランティアの朝は昨晩釜炊きごはんで少し失敗したおこげたっぷりのごはんのおにぎりを食べることから始まりました☆

旬の会のみなさんには朝食のポテトサラダとみそ汁と漬け物を用意していただいて朝からゆったりした時間を過ごすことができました。

出発時間までには子供たちもみんな集まって、各農家さんのところでいろんな体験をしたみたいです☆
e0061225_9295587.jpg


例えば加藤さんのところでは野菜やリボンをたくさん頂いたり、中間さんちではフランス料理や犬の散歩にみんなで出かけたり、林さんちでは朝はお散歩してポニーに餌をやったりとそれぞれのおうちで思い出ができたようです♪
e0061225_94031.jpg


2日目の始まりは旧安養寺分校に着いてから始まります。
ここで「しらやま」でお世話してくださる方の紹介☆
e0061225_9422630.jpg


今日の長~い一日の説明を聞いたら野外活動の場所へと移動します☆これをみんな楽しみにしてたんだね♪

最初は『ザリガニ釣り』・・・スルメを柔らかく(あにあに)してから竿に付けて池に投げ込むとザリガニが釣れます!意外と簡単だけどちょっとコツがいる。。。
e0061225_9473729.jpg

まったく釣れなくて苦戦している子供もいました。。
e0061225_9471577.jpg


私も挑戦しましたがコツがわかってくるとなんとか釣れ始めました☆楽しくてつい子供たちに教えることを忘れてしまい・・・今では反省しております。。。

さて、なぜザリガニ退治なのかといいますと・・・今回釣っているのは外来種のアメリカザリガニでこのアメリカザリガニは雑食でなんでも食べてしまうそうです★それに縄張りを守ろうとするので他の生き物を追い出してしまうのだそうです。アメリカザリガニがいる池には草すら生えなくなって小川や田んぼの生態系を崩す悪者なのです。ドジョウやカエルや小魚がいなくなってしまったらコウノトリだって来ないんです!!しかも!田んぼに生息するアメリカザリガニは穴を掘って田んぼに穴を空けてしまいます。。。水が漏れていってしまってはお米が育ちません・・・なのでザリガニ釣りは自然や生き物や農家さんにとってとても役に立っていることなのです。
釣ったザリガニは??

食べるもよし  ※ 生で食べないこと!
育てるもよし  ※死ぬまで責任もって育てること

・・・・で、それが出来なきゃ必ず殺してください。かわいそうですけどそうしないと釣った意味がなくなっちゃいます!!

長くなりましたが、、ザリガニ釣りのあとは川遊びとビオトープ作りです☆

川遊びでは小川に住む生き物を観察して、小魚や虫を捕まえました。
e0061225_104405.jpg
e0061225_105084.jpg

捕まえた魚や虫は選別してからコウノトリゲージ周辺の田んぼに放してコウノトリの餌にするのだそうです。みんなでコウノトリを呼ぶお手伝いをしたんだね!!

ビオトープ作りでは毎年少しづつできていく木道や泥あげの作業を子供たちが泥だらけになっておこないました☆子供たちの泥に入る瞬間の感じが新鮮ですよね~
e0061225_1082532.jpg
木道作りのくい打ちもみんな交替で頑張った!
e0061225_10102126.jpg


最後に記念撮影☆暑いのにみんな頑張ったね!
e0061225_10111724.jpg


2日目の午前中はこんなに盛り沢山な内容でした☆午後からもコウノトリについて勉強したり、夏祭りに行ったりと盛りだくさんです!

また明日更新しますね♪
by gt-imadate | 2011-08-07 22:38 | 体験レポート


福井県越前市で展開しているグリーン・ツーリズム活動。この地方で行われる行事や活動状況、読者の方々のご意見など掲載していきます。


by gt-imadate

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
お知らせ
田んぼオーナー
そば打ち体験
手織り体験
今立町周辺散歩
大豆オーナー
そばのオーナー
月尾くらし工房
田舎ぐらし
米粉料理
もやいの郷・農楽園
視察研修
八ッ杉千年の森
教育ファーム
ワークステイ
各地イベント
facebook
体験感想
つぶやき
白山周辺散歩
その他
体験レポート
ダッチオーブン体験
農家さん
未分類

以前の記事

2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

運営者

ロハス越前
〒915-0242
福井県越前市粟田部町9-1-9  越前市今立ふれあいプラザ 工芸王国内
体験のお申込・お問い合わせは下記よりお願いします。
Tel:0778-43-0879
mail:info@lohas-echizen.org
■関連ホームページ
【越前市HP】
【田舎暮らし体験HP:ふら~っといまだて】
【ロハス越前facebookページ】
【teruのブログ】





タグ

(57)
(40)
(19)
(18)
(18)
(13)
(12)
(9)
(8)
(8)

その他のジャンル

ブログパーツ

雑所得

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧